2017年03月30日

あなたの命を守る大切な事


あなたの街わたしの故郷 天草牛深

電気屋さんのブログ マイタウンうしぶか





お客さん宅で 照明器具の取付を終わり

お茶をご馳走になっていると

家の火災警報は壊れてるのではという話に


テストボタンを押してみると

鳴らない

どうも電池切れのようだ


電池交換しましょうか と言って 

問屋さんに 電池を注文していた



本体のメーカーと型式を教えてくださいと 電話が入る


電池の型式だけでは 解らないケースがあるみたいです

消防法で 火災警報器の設置が義務つけられたのが 平成18年の6月

今年は 2017年 あ~ 計算が出来ない

え~と 平成29年


早めに取り付けた人は もう10年ぐらいはたっています

火災警報器についている電池の寿命約10年ぐらいです


電池が切れてるかもしれないがら テストしてみましょう

ほとんどの火災警報器には ヒモが ぶら下がっているので引いてみましょう

鳴らない場合
 電池交換 か 火災警報器を 買い替える かしましょう


設置基準では 就寝する部屋に あるいは 2階に取り付ける場合は階段の上り口付近

ほとんどの火災警報器は 煙探知式 です

もし就寝中に鳴ったら すぐに非難しましょう
(この時点では消化はムリなケースが多い)

命を守るために 設置してある 火災警報器

せっかく だから 正常な状態で使用しましょう



 










同じカテゴリー(しごと)の記事画像
もう大変なのだ
セルフ・リサイクル
特 注 品
色んなケースが
お 世 話 に
あっー赤色
同じカテゴリー(しごと)の記事
 もう大変なのだ (2017-12-07 00:30)
 セルフ・リサイクル (2017-08-31 00:48)
 特 注 品 (2017-03-29 22:30)
 色んなケースが (2017-03-19 13:00)
 お 世 話 に (2017-03-03 16:00)
 あっー赤色 (2017-01-31 11:30)
Posted by ふるさと at 22:30│Comments(2)しごと
この記事へのコメント
よか記事でした。
電池交換の時期にきてますね。
団の方でも対策を考えていきたいと思います。
Posted by 一升瓶一升瓶 at 2017年03月31日 15:34
一升瓶さん
実際は電池交換より新品を買った方が現実的かもしれません
メーカーによっては家電業界では、電池を取り扱ってません
ネットで電池注文をすると、送料・代引き料を含めると3000円を超えます
"(-""-)"
Posted by ふるさとふるさと at 2017年03月31日 21:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。